インド豆知識 インド料理 ガネーシュ インドカレー 広島市 タカノ橋 ガネーシュ(Ganesh)
ホーム料理・メニュー店舗案内ご予約・お問い合せ
ランチ
セットメニュー
タンドリー
単品料理
カレー単品料理
ナン&ライス
パーティーメニュー
ドリンク
鷹野橋店(タカノ橋)
宇品店
沼田店
デラックス 岩国店
岩国店
廿日市店(ティナコート)
西条店
本通り店
インドの宗教と食文化
インド料理とスパイス
インドのバザール
(インドのバザール写真館)

家庭で作れる簡単レシピ
インド写真館(1)
インド写真館(2)
採用情報


  インド豆知識
インドの宗教と食文化 インド料理とスパイス インドのバザール(インドのバザール写真館)
家庭で作れる簡単レシピ インド写真館(1) インド写真館(2)
 皆さんこんにちは。

 インド料理ガネーシュのオーナー、パルサド・シリです。 来日して30年近くになります。インドカレーはご存知でもインドというとどんな国なのか、まだまだ知られていない部分もありますね。
 日本の皆さんに、このページでインドについて少しだけでも知っていただけたらなと思います。
 さぁ皆さん、チャイでも飲んでリラックスしながら、楽しくお話しましょう。

インド写真館(1)
(管理人が撮った北インド各地の風景です)
ピンクシティ・ジャイプールの有名な「風の宮殿」。
青い空とピンクの壁のコントラストが素敵な街です。
「風の宮殿」は町のど真ん中にあり、観光客が絶えないところです。その周囲のバザールも広くてとても楽しいところ。
ジャイプールにある、アジアで一番豪華で大きい映画館、「ラージマンディール」です。
このときは「ハマラ ディル アープケ パース ヘイ」という映画をやっていました。それにしても巨大・・・
ジョードプルのど真ん中、サダルバザールです。その背後の巨大な城壁はメヘランガルと言う城塞。中には博物館やヒンドゥー寺院、レストランなどがあります。
でも、なぜか私にはジョードプルが肌に合わず、一晩で出てしまいました。
ジョードプルはブルーシティと呼ばれています。家の壁は青に塗られているんですよ。
この日は雲が多くて、青い壁と白い空になっちゃってます。
メヘランガルへ上る途中に撮りました。
人形劇を上から撮影させてもらいました。何本もの糸を慣れた手つきで操って、まるで生きているように動かします。バーラティヤ・ローク・カーラー民俗博物館にて ウダイプルのシティパレスを裏から撮ってみました。
裏もきれい〜。
白亜のお城とはまさにこのこと。庭園も美しく手入れされ、うっとりしちゃいました。
でも中の博物館に入るにはお金がいるんです。
ウダイプルでの宿泊先。簡素ですが清潔で、窓からは町並みが見下ろせます。
このゲストハウスで一番いいお部屋だそうです。
その部屋の窓から、なんと虹が見えました。写真ではうっすらですが、実際はもっともっときれいでしたよ〜。 ラジャスターン州は人形劇も伝統芸能。中でもウダイプルはその本場だそうです。
ヒンドゥーの神話や昔の王様たちの物語を上演すると言っていました。
バーラティヤ・ローク・カーラー民俗博物館にて
お寺の内部には巨大なリンガ(シヴァ神を祀るシンボル)がありました。灯明や線香が絶えず燃えているようでちょっと煤けていましたが、それは同時に人気のあるお寺だということでもあります。 ちょっと笑っちゃうようなマネキンだったのでパチリ。
なんで黄色い顔なの??各部族の民族衣装の展示もありました。バーラティヤ・ローク・カーラー民俗博物館にて
ウダイプルから北に約85キロ、クンバルガルという要塞にも行ってみました。
田舎道を車で2時間、やっと出てきた巨大な要塞は15世紀に建設されたのだそうです。
こんなに険しいところに建っているので、侵攻されたのは1回きり。
建物や城壁は見事に残っています。
標高も高いので見晴らしは最高です。
要塞の登り口にあるお寺は今でも参拝客が絶えません。
お寺の入り口では履物を脱がなくてはいけません。
他の観光地だと参拝している間に盗られたりする恐れもありますが、これだけ長閑なところだとその心配はありませんね。
これ、なんだか分かります?600年前のトイレです。ちゃんと足置きまであるんですねぇ。
でも考えてみたら日本人の私には珍しくないものでした。だってうちの田舎、つい数年前までこれでしたから。
お寺の隅でくつろぐお爺たち。
インドのお寺というのは厳粛な場所というわけではなく、みんなの交流の場となっている場合がほとんど。
日本のお寺もそうであってほしいですね。
お婆ちゃんもイイ感じでくつろいでおられました。
写真で見ると瞑想でもしてるみたいですが、そういうわけでもないんです。
城壁の途中の門で村の女性達が集まって大井戸端会議。カラフルなサリーが皆さん素敵です。
カメラを向けるとおしゃべりを止めて楽しそうにポーズを作ってくれました。
「うちの子かわいいでしょ?ちょっともう一枚撮ってやってよ。」
なんて言われて撮っちゃいました。確かにお宅の娘さん、かわいいですね〜。
クンバルガルから数十分のところにラーナクプルというところがあります。そこはジャイナ教の寺院群がある村なのでした。
お爺が牛の監視役です。とっても渋い寡黙な爺でした。
そして私はこの写真を撮った直後、牛に追いかけられました。
帰り道、水車に遭遇。昔懐かしいような、田舎の風景です。この水車は牛に引かせて水を汲み上げる仕組みになっています。
ラーナクプルの中心、チャウムカ寺院の内部。美しい柱に支えられた、四方に広がるお寺です。
なんとこの柱、1444本もあるそうで、その数も然ることながら、柱の細かい細工にもビックリ!
お寺の上から観光客を見下ろしてみました。
この白大理石が日光にさらされ、まるでフライパン状態。お寺に入るには靴を脱いで足や腕を隠さなければならず、この熱いフライパンの上でみんな大騒ぎしながら靴を脱いでクルタ(インド式シャツ。受付で貸してくれる)に着替えるのでした。


フッター インド料理 ガネーシュ インドカレー 広島市 タカノ橋 ガネーシュ(Ganesh)
ホームランチセットメニュータンドリー単品料理カレー単品料理ナン&ライスパーティーメニュー
ドリンク|タカノ橋店宇品店沼田店岩国店デラックス 岩国店廿日市店西条店本通り店
インド豆知識リンクご予約・お問合せ日本語(Japanese)/英語(English)
Copyright(c)2002- Ganesh Indo All Rights Reserved.